ムダ毛と私

ムダ毛について考える女性
私は学生の頃から毛が濃い事がモヤモヤでした。

初めて脱毛サロンに行ったのは社会人になってからです。

なんとかお金を貯めて、念願だった脱毛サロンへ行く事ができました。

一番目に行ったサロンでは、脇だけをお願いしました。

脱毛サロンという所が初めてだったので、心もとないや緊張がありましたが、行ってみたらそのような必須は全くないのですでした。

スタッフの方は相当親身で、いつも慎重に施術してくださいました。

おかげで、6回通っただけで自己処理が不要なくらい脇が透明感漂うになりました。

はじめは脇だけ…と思っていましたが、脇が艶やかになったら今度は他も脱毛したくなりました。

そんな訳で、2軒目の脱毛サロンに通う事にしました。

そこは1軒目よりもお値段が安かったので、いっそのこと全身コースをお願いしました。

通うペースは3ヶ月に1回だったので全く負担にならず、むしろどんどん肌が美しいになっていくのがエンジョイで仕方なかったです。

施術も全く苦痛がなかったので、眠ってしまうほど憩いしていたように考えます。

以前は自己処理後の黒いブツブツを気にしてスカートを避けたりしていましたが、ツルツルスベスベの肌になり、スカートもはけるようになった時は非常に嬉しかったです。

結局、全身コースを18回続けて、おおかた自己処理が要らないになりました。

現在は毛深かった事を忘れてしまいそうなほどお手入れ要らずで心地よいです。

時やお金はかかりましたが、脱毛サロンに通って良かったと心から考えます。

毛が濃すぎて夏が楽しめない!

美しい女性
体の無駄毛と言うのは正直いらないですよね?

そうですよね?
無駄毛で得した事など思い浮かべても全くないのです。

そのような必要ない毛に私はいつもいつも困らされています。

私の苦痛というのは脇の必要ない毛のせいで、何もできない事なのです。

私は脇の毛の量がすごすぎて、水着が着用出来ません。

水着を着たら脇の必要ない毛が絶対に見えてしまって、毎回気恥ずかしいからです。

どんなにちゃんと必要ない毛の処理を頑張っても、水着は着用出来ません。

脇の必要ない毛が多すぎて剃っても抜いても残った必要ない毛が無意味に主張するからです。

このせいで私は水着は絶対に着用出来ないのです。

水着がダメという事は海にも行けないし、プールにも行けないし、川遊びだってできないので最悪です。

水着というのは、楽しく過ごすための真夏には不可欠なグッズです。

これが着用出来ないという事は夏場を楽しめないという事なのです。

私は脇の必要ない毛がすごすぎて、真夏に思いっきり遊べません。

本当に人生損してます。

それから、恥ずかしさのあまり温泉や旅行の誘いを毎回断っています。

だって脇の無駄毛がすごいと、もしかして毛を見られてしまうと言う危険性が常につきまといますからね。

それを考慮して、友人に温泉や旅行に誘われたとしても行けなくなるのです。

本当これって哀しすぎます。

脇の毛がすごいと夏の楽しいことが何もできません。

遊びたい盛りの若者がこんなにあれもこれもできないなんて辛いです。

私は脇の必要ない毛がすごすぎて何もできない困難を決着やりたいです。

早く脱毛サロンに行くお金を貯めたいです。

Copyright 美容とコアリズム効果 2017
Shale theme by Siteturner